2014-07-26

太宰府探訪とマクロビデリ


福岡での2日目は太宰府へ行きました。
ここでのメインは2つの寺院巡り。

まず訪れたのは、太宰府天満宮のすぐ隣にある臨済宗寺院の光明禅寺(こうみょうぜんじ)。九州唯一の枯山水庭園で別名「苔寺」とのことで行ってみたかった思いは裏切られませんでした。素晴らしいです。


門を入ってすぐの前庭(上の写真)は石を光という字に配した「仏光石庭」と名がつけられています。写真ではわかりにくいですが、現地でも私にはよくわからなかったです。苦笑


本堂裏の奥庭は青苔で陸を、白砂で大海を表現した「一滴海庭」となっています。帰ってきてから知りましたが、こちらの庭園は東福寺の方丈庭園と同じ作庭家、重森三玲だそうです。重森三玲作としては、前年に訪れた高野山の子院「光臺院(こうだいん)」と「福地院」でも目にしましたが、背のある石を選択する点に特徴があると感じます。



こちらの光明禅寺は苔と白砂の組み合わせが絶妙ですし、もみじの枝ぶりもしかり。秋の紅葉時はかなり込み合うようですが、他の時期は比較的静かなお寺です。静かに物思いにふけられますよ~。


さて、太宰府といえばもちろん天満宮、なので、お参りさせていただきました。修学旅行生や韓国人観光客があふれる中なので、やはり落ち着かなかったです。


本殿裏で目にしたこちらのひょうたん。「厄晴れひょうたん」というそうです。梅の木の下でひょうたん酒を飲むと、不思議と厄が晴れると言い伝えられているとのこと。ひょうたんって形がかわいいですよね。(ただそれだけですが、笑) 


太宰府天満宮の参道にスタバのコンセプトストアがあります。中には入りませんでしたが、外観がとても印象的なこちらの店舗。建築家の隈研吾氏の設計とのこと。サイトを見ると、店舗内も素敵です。ジュネーブにもシャレたスタバできないものかしら?


もうひとつ訪れた寺院は天台宗の観世音寺(かんぜおんじ)。

左が講堂、右が日本最古と言われる梵鐘


弘法大師が唐から帰還した際、都に戻るまでの間2年弱を過ごした寺院ということで、かなり歩いて行ってみたものの、何か物悲しい雰囲気が漂う境内でした。昔は現在よりも境内も広く、五重塔や他にもお堂がいくつかあったようですが、現在は講堂と金堂が残るのみ。でもどこでも足を向けてみなければわからないものなので、拝観できたのはよかったです。弘法大師にまつわるところはどこでも行ってみたいので。


太宰府観光サイト http://www.dazaifu.org/index.html


太宰府へは福岡の中心地天神から西鉄に乗って行きました。途中、西鉄二日市駅で乗り換えた後は上の写真の「旅人(たびと)」という観光列車でした。なかなかいいデザインです。

この日は午前中に夫のカメラの件であちこち行き、昼頃の出発になってしまったので、博多駅でお弁当を買っておいて電車の中で食べました。


それが上の写真(ちょっとボケてますが)。博多駅構内の博多いっぴん通りで見つけた、マクロビオティックデリ「エヴァダイニング Evah Dining」の玄米おむすびセットです。これで500円って安すぎ!他のお弁当もボリュームたっぷりで700円から800円程度。今はマクロビ食からは遠ざかってしまいましたが、かつてはかなり厳しくマクロビ食をいただいていた私。久しぶりにいただいた玄米おにぎりは噛めば噛むほど甘みが出て美味しかった~!右側にみえる唐揚げも大豆たんぱくを揚げたもので噛みごたえがありジューシー。近くにあったら間違いなく通ってます。ダイニングカフェも天神にあるようで、いいな~博多っ子。

エヴァダイニング http://www.evahdining.com/index.html



最後まで読んでくださってありがとうございます。
旅の途中でヘルシー食をいただくと疲れがとれる~。やっぱりこれ系の食事好きです。(余分情報ですね、笑)
クリックしていただけると嬉しいです♪

2 件のコメント:

  1. こんばんは!アンです。
    コメントご無沙汰しちゃっててすみません。。
    lizさんの写真、いつも素敵です。
    木々の緑と石庭の薄グレーのコントラストが本当に美しいです。
    日本って、美しい国だー、と再確認です。石庭って癒しだなぁ。
    私も日本国内旅行したくなりました。なかなか時間ないんですが^^;

    返信削除
    返信
    1. アンさん、こんばんは!
      コメントどうもありがとうございます!とっても嬉しいです。
      そして写真、すてきだなんて、ありがとうございます☆照れちゃいますが、笑
      庭石は薄いグレーですよね。私、ついつい白砂という言葉につられて白だと思ってしまうんですが。確かに新緑と薄いグレーのコントラスト美しいです。
      私の場合、身近より日本国内旅行の方が最近は多くなっていて、逆に不思議ですが、改めて日本再発見ができてこれはこれで楽しいです。(各地のグルメも楽しめるし。笑)

      削除


UA-68325954-1